【暴露】今からやりたいこと

 

画像は今年の夏祭りの時店を休んで店の前で出店をやった時の写真です。

粋なやつでいつまでもいたいもんです。

 

【今やりたいと思うこと】

 

今僕がしたいことは自分のお店の横にデッドスペースがあるのでそこにタバコ屋みたいなサイズのコーヒースタンドをつくりたいのでそれに向けて動いています。

「ああ、美容師がカフェね!みんな考えるよね!」

はい、まさにオシャンなアホな頭なやつはみんなそこにいきつくわけです。

カフェ=お洒落 という方程式にね。

なのでそこをまず場所を抑えたらfaema e-61というエスプレッソマシンを設置します。ビールや軽く飲めるお酒も置きたいですね。あ、あと5 1/4 bean to bar chocolateも間違いなく置きますね。個人でお料理やお菓子のケータリングとかしてる方のプラットホームになるのもありですね。

求人は【現時点でコーヒー屋さんとして働いてなく、違う仕事に就いておりコーヒーが趣味で美味しく淹れられる人】限定でやりたいと言ってくれた方と相談します。

簡単に言えばめっちゃ美味しいコーヒー淹れられるし好きなんだけどそれ仕事としてやりたくないんだよねーな人。そう、ダブルワーカー限定ってことですね。

シェアオフィスのコーヒースタンド版です。営業時間は朝6:30-あけれたらなと。だって日本のカフェとかってなんで11:00-なの?なんなの?そのスロースタートは?カフェ飯量すくねーし高いし、この搾取めっ!

はい、話は戻りますが朝でしょ!コーヒーは!ニューヨークでは5:00くらいから空いてるカフェがいくつもありました。昼コーヒーはオフィスで飲めるから朝でしょ!ええ。譲りませんそこだけは。朝だけは。

値段は時価です。働く人のこだわりの豆の値段などでかわりますね!もちろん僕はただでいただきますよ。味見はしないとね。オーナーだし。権力振りかざし万歳。

今現状としてはタイミングを読んでる状態です。なので準備が整い次第キックスタート切り春日部にスーパーウルトライケてるコーヒースタンドが出来るのでお楽しみに。

 

【Bean to bar】

 

 

そして皆様が上の文章で一番気になったであろう5 1/4 bean to bar chocolate の説明を入れさせていただきます。有無は言わせません。

このbean to barは僕の友人の経営するtutti cacao とのコラボ商品のチョコレートです。

 

tutti cacaoのチョコレートは添加物を使用せず、良質なカカオ豆ときび砂糖のみで作っています。
“Bean to Bar” 手作りのチョコレートはカカオ豆由来の極少量の油分のみで固めており、香り、酸味などそれぞれの原産国の個性的なカカオ豆の味をストレートに味わっていただくことができます。
また、チョコレートには「ポリフェノール」や「テオブロミン」という成分が含まれており、ガンの予防やストレス抑制、胃潰瘍などの原因を抑えるなど、健康維持にも期待されています。
シンプル、そしてオーガニックなtutti cacaoのチョコレートをお楽しみ下さい。

 

Tutti cacaoのwebページより抜粋。 

 

 

友達だからとか抜きにしてもめちゃ美味しいんです。このチョコレート。

あえてグラインドする時間を短くしてるから通常のチョコレートよりザラザラするのですがそのカカオの粒を噛み砕くと鼻にカカオの香りが抜けるように作ってあるのです。

そしてチョコレート特有のベタッとする甘さ。それがこのチョコレートはキビ砂糖を使用してほのかなスッキリした甘みでカカオの良さを際立たせてくれます。

うちではカラー放置中などに提供してますがかなりご好評いただいて、ヘアプロダクトよりチョコレートの方が売れている現状ですね。

 

「あそこの美容室のチョコレートめちゃ美味しいよね」って会話もはやわけわからないですよね。ええ、それが狙いですので悪しからず。【?】こそが良き広告になるのです。美容室としても。その詳細や、チョコレートが気になる人はご連絡ください。カットのご予約がてらチョコレート欲しいですといってもらえれば郵送もしますのでお気軽にどうぞ。

 

美容じゃねーじゃん!って突っ込まれるかもしれませんが僕はハイブリッドな日本になって欲しいし、ハイブリッドな美容師になりたいのでいいんです。むしろ美容師にならないように美容師を楽しんでいるのです。

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

© YUDAI KAMATA.COM